板橋区 引越し業者 安い

板橋区の引越し業者が安い!お得に引っ越しするならこれだ

板橋区 引越し 相場

板橋区 引越し 安い

板橋区 引越し 料金

板橋区 引越し 価格

板橋区 引越し 格安

 

東京都の引越し業者で検索すると約1200件、板橋区だけでも50件ほどヒットします。

 

こんなにたくさんある引越し業者から1社に絞り込むのはなかなか大変な作業ですね。
しかし引越しには何かとお金がかかりますので、できるだけ安く荷物を運んでくれる業者を探したいと思いませんか?

 

板橋 引越し業者

 

安い引越し業者を探すなら、複数の会社から見積もりを取るしか方法はありません。

 

そこでオススメなのが、引越し業者一括見積もりなのです!

 

板橋区 引越し 比較

 

運びたい家財を選んで荷物の量と、エレベーターの有無やトラックが近くに停められかなどの物件の情報を順番に入力するだけで、最大10社からまとめて見積もりを取ることが出来ます。

 

大手から地域密着の業者まで200社以上が参加しています。

 

サービス内容や費用などを考慮して、1番良いと思う引越し業者をお選び下さい。

 

簡単で便利なのに、利用料無料の引越し業者一括見積もり、ぜひご活用くださいね!

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越しには繁忙期があります

 

引越し繁忙期

 

3月は引越しの繁忙期です。
正直に言いますと2月下旬から4月上旬までが繁忙期です。

 

3月が繁忙期になるのはなぜなのでしょうか?

 

それは4月の新学期に向けて、引越しする人が3月に集中するからです。

 

新大学生や新社会人は、新学期から大学入学や入社のために新しい環境に飛び込みます。
大学の近くで一人暮らしをしたりシェアハウスに入ったり、会社の寮に入居したりするのです。

 

そして日本の企業は全国的に展開しているところがとても多く、春と秋に大規模な人事異動があります。
このうち春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、やはり3月に転勤・単身赴任のサラリーマンが引越しをします。

 

これに通常の引越しも加わるのですから、3月の引越しは繁忙期となるのです。

 

繁忙期には引越し業者もスタッフを増やしたり、残業したりと普段よりも多め仕事をこなそうとします。
それでも予約が多すぎて間に合わない日もあり、そういう日は予約を受け入れてもらえないこともあります。
繁忙期の引越し準備は、早めに行ってくださいね。

 

ですから繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されています。

 

 

引越し費用を安くする

 

引越し費用 安く

 

引越しにはいろいろなお金がかかりますから、せめて引越し費用は安い方が嬉しいと思いませんか?
もし引越し費用を安くしたいなら、まずは引越しの条件の見直しを考えてみましょう。

 

まず引越し費用は荷物の量が多い方が高いので、不用品は引越しの前に処分しましょう。
不用品を運ぶ費用ほどもったいないものはありませんから、ここで費用を減らします。

 

今はネットやスマホアプリで直接売ったりすることもできるので、上手くいけば臨時収入にもなります。

 

さて引越しの曜日ですが、できれば平日がオススメです。
土日祝日はやはり予約が多めになるので、割引が平日ほどできません。

 

そして午前と午後では、午前の方が人気です。
多くの人が午前中に荷物を新居に搬入して、午後から荷解きしたいと思いますから午前が人気なのです。
午後は引越し業者が前の仕事が押して遅れることも多く、何時に来るかわからないこともあります。

 

しかしその分、午後便には割引があり、また時間指定をしないフリー便も割引が多いのでオススメです。

 

長距離の引越しはお金がとにかくかかります。
もし単身者や荷物が少ない人であれば、引越しパック便や混載便がオススメです。
ファミリーであれば、やはり一括見積もりで複数の引越し業者を比較するのがオススメです。

 

 

引越し業者のオプション費用とは?

 

板橋区 引越し オプション

 

引越し料金は、人件費と輸送費とオプション代の合計となります。
ではこの引越し業者がいう「オプション」にはどんなものがあるのでしょうか?

 

代表的なオプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

オプションは必要な人にだけ有料でつけられるサービスで、必要であれば見積もりの際に申し込めば利用できます。

 

この中でも依頼が多いのがエアコンの取り付け・取り外しです。
エアコンの移設は自分でやろうと思ってもできませんし、いちいち自分で電気屋を手配してやってもらうのも面倒なのです。
引越し業者に苧プyションとしてエアコンの移設を依頼しておけば、専門の業者が来てやってくれます。
自分で手配する手間が省けますし、料金も自分で依頼するのとさほど変わりません。

 

荷物の一時保管は、家の建替えやリフォームなどのときに便利です。
一軒家に入っていた荷物を仮住まいにおくためにはそこそこ広い部屋が必要ですし、その都度引越し費用がかかってもったいないからです。

 

このように必要な人にだけ便利な有料サービスがオプションなのです。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの時はすることが多いので、先にだいたいの手順を知っておくと便利です。
一度おおまかな流れを確認してみてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しですから早く引越し業者を決めてしまいたいところですが、引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わります。
まずは新居が決まらないと正確な見積もりが出せませんので、引越し業者への見積もりは新居が決定したらすぐというタイミングがオススメです。

 

引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わります。

 

荷物が多ければ多いほど、それだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、引越し費用が高くなるのは当然です。
不用品は引越しの前にどんどん処分して荷物を減らし、使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出します。
転出届は引越しの2週間前から提出することができます。

 

うっかり出し忘れて引越ししてしまうと、提出しに前の市町村役場に戻るか、連絡して書類を郵送してもらって送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらう手配をしましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話のて連絡を・・・。
同じ市内の引越しなら、引越し日からは新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

引越しに伴って郵便物が届かなくなるのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。

 

引越しの当日は荷物の運送はすべて引越し業者におまかせして、あなたは家財の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いておくと便利です。

 

しかし貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらはもしうっかり業者が破損して保険を使っても、お金で解決できるものではありませんので自分管理で大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなた転入届を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更を。
これらを放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになりますから、忘れないうちに行ってください。

 

 

引越しの挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたらご近所に挨拶に行きましょう。

 

最初に行かなければそのまま何年も過ごすことになるので、引越しの挨拶は当日か翌日に行ってくださいね。
挨拶に行くのは顔見せだけではなく、引越し作業でトラックが道路を塞いだり、ドタドタ足音が響いて申し訳ありませんという謝意も込められています。

 

最初のタイミングを逃すと行くのが面倒になりますし、先に駐車場や道路でバッタリ会ってしまうと、より一層行きにくくなってしまいます。
最初が肝心です。

 

マンションなら上下左右の部屋の方に、一軒家なら向こう3軒両隣に挨拶に行くようにしましょう。

 

もちろん手ぶらで行かれる方もいますが、お互いに初対面ですから簡単な手土産を用意すると行きやすいかと思います。

 

手土産はお菓子・お茶・タオル・洗剤などの消耗品で、値段は高価なものでなく500〜1000円くらいのものがオススメです。